INTERVIEW 先輩社員インタビュー

髙岡 涼香

これが私の仕事

木造住宅の設計。
現地の調査から図面作成、検査立会い等、物件の計画から完成まで。

進行中の担当物件の中に、建売の複数件口があります。
営業の方が土地を仕入れる際、どのくらいの規模の建物が入るのか知る為に設計室でボリュームプランを作成することがあるのですが、この物件はそのボリュームプランも作成させていただきました。
春先から担当につき、プランの再検討、現地を訪れての確認作業、図面作成や業者の方への依頼を経て、ようやく着工となります。
初めての複数件口、しかも担当につく前から関わらせていただいているとあって、今から完成が楽しみです。
最初から最後まで携わるからこそ、完成した物件を見た時のわくわく・喜びはひときわです。
髙岡 涼香

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

たくさんの物件を見ることができる。
入社一年目、初物件の完成。

やはり完成した物件を見るとわくわくします。自分の担当以外であっても見に行くことは可能なので、物件を見ることが好きな人にとってはとても嬉しい特権です。
現在2年目で完成している物件もいくつかありますが、先輩にサポートしていただきながらメインで動いたサブ物件は、初物件、しかも完成前にお客様がついたという事で私にとって特別な一件です。
入社後に部分的に仕様を決めさせていただいたことはありましたが、最初から最後まで一貫して関わることがなかったので、とても緊張したのを覚えています。
自分の考えたものが誰かに受け入れられたことで安心と喜びを感じました。
髙岡 涼香

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

“地域密着型”で“木造”。新卒でも設計職で入社。

大学から地元を離れて出てきていたのですが、いざという時の帰省を考えるとこれ以上東に出ていくのはまずいと思い、近畿・中国・四国のエリアに絞って就職活動することを決めていました。
その中で“その地域に強みを持つ企業”“木造住宅”“設計職での募集”の希望条件に当てはまる企業の一つがゼロ・コーポレーションでした。
歴史は苦手ですが神社仏閣を見るのは好きなので、京都という点だけでも十分魅力的だったのですが、説明会での先輩方の仲良さげな雰囲気を見、楽しそうに話されるのを聞いて、この方たちがいる職場は環境も良さそうだと思い、この会社に決めました。

これまでのキャリア

南インター設計室2年目

学生のみなさんへメッセージ

私は数受けるよりも、最初から条件をいくつも挙げて「内定いただけたら是非とも」と思える会社に絞って就職活動しました。

もし、説明会もあって面接もあって大学の講義も…といっぱいいっぱいになっている方がいらっしゃったら、今自分が挙げている希望条件と、受けようとしている企業を見直してみてください。
限度を超えた無理をする前に自分の譲れないものを絞っておくのも一つの手です。

採用情報

募集概要・選考フローや
エントリーのご案内