INTERVIEW 先輩社員インタビュー

上田 智諒

これが私の仕事

注文住宅の営業。
計画段階からお引渡しまで、お客様の家づくりに寄り添う仕事です。

注文住宅はお客様のご要望をひとつひとつ積み上げて形にしていく作業です。お客様のマイホームへのこだわりは多岐に渡りますし、建築する敷地の条件も様々です。プランニングひとつを取っても、お客様の希望をすべて実現するためには壁にぶつかることも多いです。
しかしながら、お客様を想い丁寧につくり上げていった先に、お客様の笑顔があると思うと苦になる作業はありません。
マイホームの購入はお客様にとっても、とんでもないお金が動く数少ない経験であり、一生モノです。20代からこのような仕事に携わることができるという責任感とやりがいは他業種ではなかなか味わえないと思います。
上田 智諒

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

お客様のハウスメーカー選びは営業マンの評価が重要なポイント!

営業を始めたばかりの頃は、うまくいかないことも多く、自分には営業職は向いていないのではと考えたこともありました。
そんな中でもお客様から建築を任せていただけることが嬉しく、わからないことがあれば先輩を頼り、知識を吸収する繰り返しが力となり、成績もあがってきています。今では成約となったお客様に「決め手は上田さんです」と言っていただける機会も増え、自信をもってお客様のサポートができるようになりました。
上田 智諒

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

地元”京都”での不動産シェアがとても高い点が魅力的だった。

小さい頃から住宅関係の仕事に就きたいと考えており、実際の就職活動においても住宅会社に絞って活動を行いました。
その中で一番魅力的だったのがゼロ・コーポレーションです。もともと地元の企業に就職したいという気持ちが特段強かったわけではありませんが、複数の住宅会社をピックアップしていく中で、京都出身の私にとってこの会社が「地元”京都”での不動産シェアがとても高い会社」=「それだけ地域の方々に評価されている地元企業」という風に捉えることができ、非常に興味が湧いたことを覚えています。
実際に説明会や選考に参加し、地域に根差した会社であることを改めて深く知ることができたほか、100年住宅という商品に対しての妥協をしない姿勢にも感銘を受け、この会社で仕事として住宅に携われることが自分自身にとって一番の選択肢だと思い入社を決意しました。
今でもこの選択は正しかったと自信をもって言えます。

これまでのキャリア

注文住宅営業 ゼロホーム事業部 現職・5年目

学生のみなさんへメッセージ

大手企業と呼ばれる会社に就職したいと考える方は多いと思います。

実際に私も就職活動のスタート時点では大手ハウスメーカーへの就職が理想だと思っていました。
しかしながら、大手企業でなくとも世間から高い評価を受ける会社は数多く存在します。
会社の規模だけでは測れない部分はたくさんあると思いますので、少しでも気になる会社であれば可能な限り実際に説明会や企業訪問などをしてみてください。

採用情報

募集概要・選考フローや
エントリーのご案内